ブログ

2019年 国際福祉機器展2019年11月28日

この度、2019年9月26日・27日に、東京ビックサイトで開催された、国際福祉機器展(HCR)に行ってきました 🙂 

全国379の会社(福祉機器・福祉用品を作られてる)が出展され、海外からも60の福祉機器・用品が展示されていました 🙂 

 

 

東方会から管理職1名・現場スタッフ6名の代表が派遣され、施設内や在宅等で活用できる商品や機器を見学・体験しました 😀 

その中で利用者は勿論、職員も腰等へ負担が軽減される機械をデモ用品として使用し、一部購入検討しています 😮 

 

2019年11月25日に、上記へ派遣されたスタッフ6名が研修報告のプレゼンを実施しました。

派遣されたスタッフは、入所・医務・給食・ヘルパー・相談・在宅といった部署であった事で、展示会場での視点が様々だったようです。

 

○入所:褥瘡(じょくそう)予防として、1本の枕で頭から首・背中・腰・下肢及びつま先まで支えられる枕。

○医務:口腔内の予防として、吸引器に接続したまま使用出来る歯ブラシ。誤嚥を防ぎながら安全に歯磨きができる。

○給食:消臭や除菌ができる、バイオナース除菌の神。この商品は、展示会場でも販売されており、2名のスタッフが購入した商品でもあります。アルコールだけでは除菌できないウィルスや細菌を99パーセント除菌され、植物由来の食品素材で作られている為、口に入れても安心安全な消臭液。

○ヘルパー:入浴支援等で活用できる、アクアケア(介護者の足を護るサポーター)です。浴室内はとても滑りやすいですが、このサポーターは足裏に滑り止めがつき滑りにくく、ウエットスーツと同じ素材を使用されている為、濡れにくくなっています。

○相談:重度障害者向けに、目でマウスを動かしコミュニケーションができる商品として、Facei(フェイスあい)です。パソコン画面上にあるカメラに向け、瞬きで入力。眼球の動き・顔や頭の動き・微妙な動きで入力ができる。

○在宅:上記にも掲載している介護用オムツセンサーですが、オムツにセンサーをセットするだけで、尿意がわからない方でも、パット内に排泄があった事をタブレット端末内のアプリを通して教えてくれる装置です。夜間帯等に何度も確認される事で不眠傾向になるが、このセンサーを使用すればタブレット端末に反応あった時だけにオムツ交換行うと、朝まで安楽出来る商品でした。

 

上記以外にも、たくさんの商品や機器の紹介がありましたが、実際に目で見て触れたいなと思われた方は、2020年10月21日~10月23日の3日間で第47回国際福祉機器展(HCR2020)が開催されます。「 https://www.hcr.or.jp/   」←最新の福祉機器情報を発信されています。

 

2019年HCR派遣スタッフ一同

 

 

 

平成29年度採用-東方会で一緒に働きませんか?-

Jobセンターシャキッと(フルタイム)
障害者支援施設 瑠璃光苑(生活支援員)
【職務内容】

障害者支援施設 瑠璃光苑(入所施設)での生活支援業務
※入所施設は、40名定員でスタッフは早出・日勤・夜勤・深夜勤の勤務交代制です。日中活動・生活支援(入浴・食事・車いすの移動等の介護)が主な業務内容です。

電話でのお問い合わせ

0955-29-8166

東方会法人本部事務所
[受付時間]平日 09:00 - 18:00
メールでのお問い合わせ
施設見学や求人に関する
お問い合わせはこちら

Googleマップ-東方会ってどこにある?-